counter
profile
諏訪園
諏訪園
諏訪園ブログから飛び出してきました、彩加です(*´ω`*)
実家の諏訪園を手伝いつつ、みんなの学校でスタッフをさせていただいています。
音楽大好き
映画大好き
読書大好き
関ジャニ∞大好きです。
どうぞヨロシク。
special thanks
------------------------------

写真素材moca様
写真提供

フランクなソザイ様
ライン素材提供

cute cute様
HTML提供


ぼくたちと駐在さんの700日戦争
ブログ小説
QR code
QRCODE

2011年03月17日

日本赤十字社和歌山県支部へ

みなさんお元気でしょうか?

私は今日も元気で、生きています。


昨日、13日のぶらぶらマーケットで行った募金活動で集まった¥162,860を
日本赤十字社和歌山県支部さんへ持っていかせていただきました。


一度郵貯銀行へ預けたものを引き出し


使用している募金箱に入れ


日本赤十字社和歌山県支部さんへ持って行きました。

今後も集まった募金は日本赤十字社さんへ寄付させていただきます。


13日の募金活動の模様が、
15日の和歌山新報さんにの一面に載ってました!!

写真の2人は、今年桐蔭を卒業したばっかり!!
ブログ見て駆けつけてくれました!!  

Posted by 諏訪園 at 12:08Comments(0)

2011年03月16日

じっとなんてしてられない!!

地震が起きてもう5日目。


地震が起きた時、父が東京の新橋に居た。

電話繋がらない。メール届かない。

連絡取れても、帰ってこれない。

また電話繋がらない。


宮城・岩手・秋田・青森・茨城・東京・千葉・埼玉・神奈川・長野・新潟に友達がいる。

連絡つかない。安否分からない。

そんな状態でじっとなんてしてられないよ!!


今の私に何ができるのか。。。何をしないといけないのか。。。


考えてるの私だけじゃない。

多くの若者たちがいろんなこと考えて頑張ってます!!

『僕たち・私たちの気持ち、分かってください!感じてください!聞いてください!!』

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
みんなの学校
3月19日(土)14時30分~
『ティーンズアコースティックライブ いろはにほへと』

10代~20代前半の若者たちが自分達の思いを音に変えてアピール。
今年1月から定例イベントとして開催しています。

先日、その中心核のメンバーから
今回のライブは震災復興チャリティーライブとして募金を呼びかけたい
と申し入れがありました。

まだまだ技術的にも人格的にも社会的にも、未熟な彼ら。
だけど、その荒削りで、まっすぐ純粋な気持ちに
復興に向けて、未来に向けて
ひとすじの光が差し込んだような温かさと力を私は感じます。 
そしてそんな彼らの気持ちを大切に育てて、守って、サポートすることが
今の私ができる仕事かな、と思います。

『私にも何かできるんかな・・・でも、どうしていいかわからんし・・・』。

そう言って家でくすぶっている若者よ。
みんなの学校に、ライブに来てみませんか?
きっと

僕でもできること
僕だからできることがみつかるはずだから。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++


=====================================
東日本大震災 緊急募金活動
@学生ボランティア with わかやまNPOセンター

3月19日(土)
JR和歌山駅前 けやき通り

午前の部 10:00~12:30
午後の部 13:30~16:00
=====================================

どちらも、募金に協力してくれる方はもちろん!!
出演してくれる方・募金活動をしてくれる方を募っています。
詳しくは、各問い合わせ先へ。
この記事のコメントでもOKです!!

まだまだ未熟な僕たち・私たちですが、これからの日本を背負っていかなくてはいけないのは僕たち・私たちです。
一人では何もできないけど、大人たちの手を借りて。。。
多くの仲間たちの手を借りて。。。
前へ前へ進んでいきます。

どうぞ、ご協力よろしくお願いします!!  

Posted by 諏訪園 at 17:26Comments(0)

2011年03月14日

若者の叫び

すごく久し振りにSCHOOL OF LOCK!聴いてます。。。
高校生の時ずっと聞いてずっと励みにしていたラジオ番組。

SCHOOL OF LOCK!のおかげでいろんな仲間や友達とであえて。
大好きな大好きな大切な人も出来て。

そんな番組が、被災地の中高生たちのために今日は特別バージョンと言う事で放送中。

被災地の生徒たちからの書き込みやメッセージも聞けるはず!!

若者のリアルな叫び聴いてください!!

fm osaka と tokyo fm で聴けます!!

今radikoは全国で聴けるのでぜひ!!  

Posted by 諏訪園 at 22:31Comments(0)

2011年03月14日

救援物資の援助をお考えの方へ

私が参考にしたmixiの書き込みを転記させていただきました。

+++++++++++++++++++++++++++++
○物質的援助。○

重要なことは“なんでもかんでも送らない”ということです。
前例に倣って紹介しましょう。


新潟中越地震があった際。
最も厄介な災害は地震による“自然災害”と
援助者の方々からの無節操な“人災”でした。

簡単に説明するならば、こうです。

中越地震が起こった当時。
援助者の方々から、多くの物質が届いて良かったものの、
それらを区分けし、仕分けるために
被害者の方々が“徹夜”で仕分けしていたことは、
日本の報道では、そう言う肝心なところを伝えていないために、
あまり知られてはいません。
もちろん、送られてきたものには“生もの”もありましたので、
それらは“生ごみ”として捨てられていた現状があります。


これでは、どっちが“災害を起こしている”のか
わかったものではありません。
まさにこれこそ“二重苦の嫌がらせ”と言われても
おかしくない現状でした。


何度も言いますが、
そう言うことがあったのにも関わらず、
日本の報道はそれを伝えませんが、
せっかくの支援物資を届けても、
それによって新たな災害を出させるようなことは止めましょう。


そこで重要なのは、
“各個人”つまり、
物資を送る前に“仕分け”しましょう。


例えば、ダンボールを1つ用意いたします。
そこに“1つのものしか入れない”ようにするわけです。

つまり、
ダンボールに大きい紙を張るなり、
直接書くなりして、
“水”と書けば“水しか入れない”ようにしましょう。
“食べもの”と書けば“食べ物”だけです。
“乳児用ミルク”と書けば“ミルク”だけ。

さらに、着るものであれば、
さらに仕分けるのもよしです。


例えば、
“ウエスト○○cm~○○cmの女性用服”と言った感じです。

重要なのは、
“貰った側がどのようにしたら、貰ったら嬉しいのか?助かるのか?”
を考えましょう。


細々とした注意を言うとすれば、
“ダンボールの重さ”には気をつけましょう。
男性では持てるけど、女性では無理。
これでは意味がありません。
なるべく軽く。そして、誰でも持ち運べるようにが基本です。
持ちやすくするために取っ手をつける段ボールであれば
きっとなお良しでしょうし、
そのような取っ手をカッターなどでつけるのも良いかもしれません。


また、お金を直接送るのは、
止めた方が良いかもしれません。
封筒に入れたとしても、分かりづらいので、
このような場合は、やはり“振り込み”を利用しましょう。


さて、ここで参考になるかもしれませんので、
「震災がつなぐ全国ネットワーク」の方々が出している冊子の方に、
載っている、仕分け票を書いておきましょう。


食糧:
【喜ばれるもの】
・飲料水。
・カップめん。
・お湯だけでつくれるレトルト食品。
・乳児用粉ミルク。
・哺乳瓶。


【困られるもの】
・生もの全般(魚、肉)。
・アイス。
・電子レンジを使う調理品。
・賞味期限切れの食品。(当たり前です)


衛生用品:
【喜ばれるもの】
・おむつ。
・生理用品。
・歯磨き関連。
・石鹸。
・タオル。
・トイレットペーパー。
・ウェットティッシュ。
・水を使わないシャンプー。


衣類関係:
【喜ばれるもの】
・“新品”の衣類、肌着。
・マスク。
・使い捨てカイロ。

【困るもの】
・“古着!”(案外知られていませんが、ゴミになるだけです。)


医薬品関係:
【“困る”もの】
・“医薬品全般”
(当たり前のことだと思っているのですが、送っても誰も使えません。
なぜなら、医薬品というのは、医師や薬剤師の方々がいなければ、
使って良いという許可が下りず、配ることすらできないからです)


その他:
【困るもの】
・装飾品や芸術品。
・その他、家で集めた品(バザーセールに出すわけではありません。)



などなどです。



今は被害が出ている県庁各地が、
個人の物資受け取りを拒否しているそうです。
今、受け取るのはいろいろと困るとのことです。

すみませんが、今は待機願います。

ただ、仕分けの方法と注意点は同じですので、
このまま残しておきます。



その際の注意点は、
今述べた通りのものを送り、
“仕分ける”ということです。

それから出来れば、
“地震支援物資在中”というようなことを書き、
外側からでもわかりやすくしておくと
なお良しかと思います。   

Posted by 諏訪園 at 15:31Comments(0)

2011年03月14日

東日本大震災募金&救援物資受付

昨日のぶらぶらマーケットで「東日本大震災」
募金活動&救援物資の受付をしました!!


今朝の産経新聞さんにもさっそく記事が載っていました!!
産経新聞さんありがとうございます。

↑クリックすると大きくなります。


前日にブログやツイッターなどでつぶやいただけですが。。。
20人以上の学生さんが手伝いに駆け付けてくれました!!
ツイッターブログの力はすごい!!
さらに、募金・救援物資も多くの方が持ってきてくれました!!


募金は昨日だけで¥162,860以上
(終了後もたくさんの方が募金をしてくださったので、「以上」としています。)

中には募金箱ごと募金してくださった方も。。。

物資は、
毛布20枚
タオル4箱(段ボール)
マスク3箱(段ボール)
カイロ11箱(段ボール)
乾電池4箱(段ボール)

集まりました。

物資は、阪神大震災の被災者の方のお話を聞き
『絶対に必要なもの』と言う事で
毛布・タオル・マスク・カイロ・乾電池に限定させていただきました。

*1つの箱に1種類のモノしか入れない!!
*女性でも持てる重さにしておく!!
*持ちやすいように持ち手を作る!!
*箱に何が入っているか見える場所に書く!!


と言う事を徹底し、箱詰め作業を行いました。


本当は、箱の大きさも統一したかったのですが。。。
急遽用意をしたのでバラバラの大きさになってしまいました。。。

ほんと、たくさんの方が協力をしてくれて。。
ありがとうございました!!

救援物資の受付は今週いっぱい
諏訪園にて受け付けています。
上記のモノ以外は受付出来ないかもしれませんのでご了承ください。
ちなみに、「衣類」「食品」は受け付けません。
古着は絶対に他の救援物資を受け付けているところに持っていかないようにしてください!!
古着や生もの等は、災害現場ではゴミになるだけです!!

私の参考にした書き込みの転記を後ほどUPしますので、物資の輸送を考えてる方はチェックしてみてください。


募金は数カ月続ける予定です!!



東ぶらくり丁の9店舗募金箱を設置しています。

みなさんご協力お願いします!!


最後にもう一度。。。
ご協力いただいた皆さん
ありがとうございました!!
  

Posted by 諏訪園 at 15:23Comments(3)

2011年03月13日

ご協力ありがとうございました。

今日行った募金活動&救援物資の受付の報告です!!


募金は。。。。

¥162,860集まりました!!


救援物資は。。。。

毛布20枚
タオル4箱(段ボール)
マスク3箱(段ボール)
カイロ11箱(段ボール)
乾電池4箱(段ボール)

集まりました!!


募金をしてくださった方。
救援物資を持ってきたくださった方。
声かけをしてくださった方。
手伝いに駆け付けてくださった方。

ほんとにありがとうございました!!

支援物資の受付は今週いっぱい。
募金は救済の目処が立つまで続けたいと思います!!

みなさんご協力お願いします!!    

Posted by 諏訪園 at 22:40Comments(0)

2011年03月13日

節電メールはデマ!!

さっきからブログ見てると。。。

関西電力~~~~~節電しましょう!!
ってブログを多く見るんですが。。。。


デマらしいです!!

送電は備蓄から行っているので、節電は意味がなく節電を呼び掛けてもいないとのこと。。。

チェーンメールを回すことでメール回線が圧迫されて逆効果です!!
メールは極力回さないようにしましょう!!  

Posted by 諏訪園 at 00:47Comments(2)

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震【救援募金】【救援物資提供】のお願い

明日開催のぶらぶらマーケットで、救援募金・救援物資の受け付けを行います。

開催日の2日前に地震が発生したのも何かの縁。
次に起こる大きな地震は、おそらく南海大地震でしょう。
和歌山に住んでいても、人ごとと言って見逃していてはいけません。
協力し合いましょう!!


救援物資は『カイロ・乾電池・マスク・タオル・毛布』のみ受け付けます。
※すべて未使用のモノに限ります。



募金活動・救援物資の受け付けをするにあたり、協力していただける方を募集しています。

・募金を呼び掛けてくれる方。
 東ぶらくり丁内だけではなく、周辺を募金箱を持ってまわってくれる方。

・救援物資の受付をしてくれる方。
 どれだけの方が救援物資の提供をしてくれるかわかりませんが、ぶらぶらマーケットスタッフだけでは手が回らないので、受付をしてくれる方。

・募金のために出店してくれる方。
 イベントに出店し、売上の一部又は全額を募金してくださる方。

その他、何か協力をしてくれるという方。
ぶらぶらマーケット事務局・又は私にご連絡ください。

【ぶらぶらマーケット事務局】
 和歌山市新堺丁40
 東ぶらくり丁中程 お茶の諏訪園内
 TEL:073-423-1154
 FAX:073-428-3275
 Mail:bura2market@gmail.com

ご協力よろしくお願いいたします。


それから。。。
ハシゴマーケットが中止になったと聞いたのですが。。。
ハシゴマーケットに出店予定されてた方。。。
よければ、ぶらぶらマーケットに出店しませんか?
おそらく用意していた商品も。。。
ちなみに、いただいた出店料は全額募金させていただきます。

もしよければご連絡ください!!  

Posted by 諏訪園 at 13:47Comments(0)ぶらぶらマーケット

2011年03月11日

募金活動検討中

13日に開催するぶらぶらマーケットにて、宮城県北部で発生した『東北地方太平洋沖地震』の救済募金を検討しています。


私自信、フリーマーケット出店での売上を全額募金するつもりです。


被害は確実に広がり、予想を遥かに超える被害があるでしょう。
いつか必ず和歌山でも大規模地震が起こります。
同じ国に住む日本人です。
みんなで助け合いましょう!
  

Posted by 諏訪園 at 22:38Comments(0)日記